忍者ブログ
男女問題を解決するために活動している管理人のブログです。 映画も大好きなんで映画コラムも書き込んで行こうかと思います。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

それでもボクはやってない

個人評価95
一般評価80

ほとんどの映画評はレンタルで見たものだが、
これは映画館でみた。書評当時公開中である。
内容は日本の司法の問題点にスポットを当てた痴漢冤罪モノ。
犯罪の疑いをかけられるということが日本ではどれだけ
不条理なことに繋がるかということがドラマチックなことも
起こらずに淡々と約2時間30分。しかし事実は小説より奇なのか。
日本の司法現場で本当に起きていることは
フィクションの斜め上をいく展開らしい。
素直に面白い。映画的な演出などはされていないが
それがまた新鮮である。洋画に代表される法廷モノは
法廷に憧れている(からこその)人間が当然それを作るわけだが、
この映画は法廷や司法に憤りを持った人間が作っているところが
成功の要になったのだろう。


この映画の最後主人公の独白は考えさせられる。
内容は

ボクは知った裁判は真実を明らかにする場所ではなく
とりあえずの白黒を判定する場でしかないのだということを。
真実は誰にもわからないというがそれは嘘だ。
少なくともボク自身はそれを知っている。
裁判官は間違いを犯した。ならばそれを裁けるのは
ボクしかいない。控訴します。

といった内容である。これは素直に読めば
一審裁判官の間違って罰した罪を二審でボクが裁くということだ。
一審で真実を知らないで間違った判決を出した人間を
二審で真実を知る僕が裁くという意味である。
これは凄い視点だ。自らの潔白の証明ではなく、
司法(裁判)を持って、司法(裁判)を裁くという
言わばやられっぱなしの主人公が復讐を決意した
瞬間が最後の「控訴します!」である。
最悪の結末でありながら絶望のなかから強い意志を
感じ取ることが出来るラストである。
受動的な素人が能動的に戦う精神状態になったところで
この映画は終わるのである。言わばここだけが
この映画における監督の映画的(創作物的な)演出であるが
それが実に秀逸であった。

※ちなみに男女問題を追及するブログとして
二つの蛇足的なことを述べておこう。
 女性優遇や男性が性犯罪だと不利になるという点は
あまり詳しく描かれていないという評があるが
個人的にはそうは思わなかった。
司法現場は風潮に左右されやすく、女性保護目的に
男性が軽んじられるということも十分表現されていると思った。
 二つ目は客の入りだが自分の行った館にしては普通といった
感じだった。男女比は半々ぐらいだったと思う。
若い女性グループもいたし、泣いている女性もいたことが
印象に残った。

PR

個人評価82
一般評価75

世界史上初の皇帝、秦の始皇帝。その暗殺秘話をモチーフとした映画作品。始皇帝がまだ統一を果たしていない頃、燕国を侵略する理由を作るために、燕から自分に対して刺客を送らせようとしたところからこの話は始まる。

男のバイブル太史公書、通称史記の刺客列伝に出てくる荊軻(けいか)の話を元に作られた映画だが、元々の史記のほうが娯楽作品である映画より、ドラマ性に富んでることが残念。始皇帝にまつわる出生の謎、幼き日の人質時代の燕公子との確執、李斯と韓非の臣下争い・・・etc。この映画は、事実は小説より奇なりという言葉通り、事実に負けていると感じる。しかしながらそれでも面白いのがチェンカイコーと始皇帝という素材だろう。

史上もっとも数奇な運命を背負った男、始皇帝のドラマを見よ!当作品はその入門編である!

個人評価100
一般評価88

いわずと知れたアメリカの暗部マフィアを題材とした映画。その二作目である。個人評価として最高の100を付けさせてもらった。前作の紹介では、サスペンス的な味付けが強すぎるために人間本来のテーマが見失われたと評したが、二作目はそれを解決した。今回のサスペンスは兄の裏切りである。ドンとして孤独を深めていくマイケルがついに兄に裏切られる。

また本作は、初代ドンがマフィアとしてのし上がる話、二代目マイケルがファミリーを守ろうと苦労する話で切り替わる。前作に登場した初代ドン・ビトの若き日を演じるのはロバート・デニーロである。彼の演じる若き日のビトは非常に格好がよい。特に街のチンピラとの交渉・暗殺のシーンは復活祭の音楽の素晴らしさと相まって映画史上に残る名シーンだろう。

ラストシーンは家族がうまくいっていた頃のマイケルの回想である。父の仕事を批判するマイケルが父以上に冷酷なドンとなる。回想シーンでは一人マイケルが食卓に残され、他の家族が部屋を出て行ってしまう。一人権力の孤独に生きるマイケルを象徴するシーンで感慨深い。

管理人がススメる究極の一本!映画界のドンを見たい人におススメ!

個人評価84
一般評価78

冷たい雨が降る暗黒都市の夢泥棒「一つ目教団」に弟をさらわれてしまった心優しい怪力男ワンは、孤独な少女ミエットと知り合い、ともに弟探しを始めるというストーリー。映像が美しい。暗いSF世界なのだが。完璧なおとぎ話の世界である。ミエットがかわいい。

ちょっと暗めの不思議感覚SFファンタジーが好きな人におススメ!

個人評価94
一般評価90

個人評価と一般評価が近い作品である。南北戦争下のジョージア州アトランタ市を背景に、アイルランド系移民で、気性の激しい南部の女スカーレット・オハラの半生を、彼女を取り巻く人々ともども壮大に描いたストーリーである。

男女論としてしばしな語られるスカーレット我侭っぷりと対照的なメラニー。スカーレットは常に満足ができない女性であり、それが娘や旦那を不幸にしてしまった。とまあ、そんな見方は穿った見方かもしれない。アメリカ映画史に残る名作である。

面白い映画、人を選ばない映画を見たい人はおススメ!

      NEXT
1 2 3 4 5
プロフィール
HN:
mendoumei
HP:
性別:
男性
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[09/25 野口賢治]
[09/18 えもんかけ]
[05/12 NONAME]
[04/14 ソフィア]
[11/04 ozawa]
[05/03 NONAME]
[05/03 mendoumei]
[05/02 NONAME]
[12/18 Janelle Nelson]
[12/16 Althea Lee]
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
"mendoumei" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP
SAMURAI FACTORY INC.