忍者ブログ
男女問題を解決するために活動している管理人のブログです。 映画も大好きなんで映画コラムも書き込んで行こうかと思います。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

告知!男性人権同盟で集会を開きたいと思います。

スーツを着てプラカードを持ってお待ちしております。

●日時 4月22日 集合時間 午後1時
●場所 新宿駅東口交番前
http://www.the-shinjuku.ne.jp/CONTENTS/IN/SPECIAL/DATE/SPOT/index.html

お腹減らして来てください。
ピザのバイキングでも食べながら話しましょう
http://r.gnavi.co.jp/g063211/

会員を募集して4月で1年です。そこで集会を開きたいと思います。
今までも他団体集会や他の反フェミ的な勉強会などに参加しましたが
男性人権同盟として集会等を行なってはいませんでした。
一回目は親睦会・オフ会的な集会にしようと思いますので
皆さんお気軽にご参加ください。


参加希望の場合はメールにてお願いします
mendoumei@ヤフー.co.jp ←ヤフーは英文字に直してください。
またメッセンジャーが登録してある方は直接のお申し込みでもかまいません。
よろしくお願い致します。

当日参加でもかまいませんが、返信メールにて連絡先を
予め伝えることが出来ないので、遅刻しないよう注意してください。


4月17日 改訂

PR

DV法反対の集会がります。
当会でも私を含め3人参加すると思います。
ご一緒に参加される方がいましたらメールください。

よろしくお願い致します。


3月23日(金) 18時~20時半 (18時から資料を配布します)

 

文京区立文京区民センター・2階 (シビックセンターではありません)

      (三田線春日駅、大江戸線春日駅、         

   丸の内線・南北線後楽園駅より)             

                    参加費・・・1000円(資料代・会場費)            

   DV防止法犠牲家族支援の会              

                     090-9802-6698                                                     

    代表・野牧雅子 (雑誌「正論」に当該論文有り。Web Site有り)                           

    幹事・小菅 清  (茨城県伊奈町城中1-10 

           http://www8.ocn.ne.jp/~kosuge/   050-3321-1724                           

    犠牲家族代表・他(依頼中)

 

 追記)是非ご参加下さい。なお友人などへもお知らせ下さい。事の重大さを分かって頂けると幸いです。

-----------------------------------------------------

偏向集団の破壊活動から夫・妻と家庭を守りましょう!

 

 一方で少子化が危惧されています。しかし他方では、欠陥男女共同参画法の実践活動として、反暴力を口実とした欠陥DV防止法=家族破壊法(注)の乱用による夫・妻と家庭の破壊が増加・拡大しています。

 

 左翼・女権・利権に偏向した邪悪な人々は行政=内閣府男女共同参画会議内の「暴力に関する専門調査会」を操り、前回の言葉による暴力に加えて、1・「被害者」への連絡(電話・メイルなど)の禁止、2・「被害者」の親族や支援者への保護、3・非暴力の「脅迫行為」も保護命令を出せる、4・その他を、法改定として盛り込もうとして居ます。より一層の家族破壊、愚劣な「理想社会」建設=新共産運動を押し進め様として居ます。

 

 なお活動上では、各地の婦人相談所・警察署・その他や司法(地方・家庭裁判所など)への働き掛け・強要を続け、かつ妻側への洗脳・支配も強化し続けています。

 これらを見過ごすと、破壊される家庭は多数に及び、また家庭を持つ事自体への恐怖心さえ広まって(社会不安)行きます。

 日本の社会を守り、この邪悪な活動を断ち切る為、小さな・第三歩の場を設けます。どうぞ、ご参集下さい。

 

 (注)配偶者からの暴力(DV)の防止及び被害者の保護に関する法津=家族破壊法。

 なお今回は悪質「人権擁護法」に反対する、良識有る国会議員などへも支援を要請します。


------------------------------------------------------

男女共同参画社会基本法を廃棄を目的とする会に行ってきました。
このページに来るみなさんはこの法律がいかに悪法かはご存知だと思います。
会の名前は美しい日本をつくる会(http://www.utsukushii-nippon.org/)です。
そのまま男女共同参画社会基本法を廃棄する会という名前にしてもらいたい気分もありますが、
ついに日本にも大規模な反フェミの流れができつつあることは注目すべきでしょう。
bi1.JPG













ちょっと保守っぽい感じの会ですね。
でもちゃんと男女共同参画社会基本法の問題を取り上げてくれました。
その講演会の画像です。



bi2.JPG













その後懇親会にも参加してきました。

bi3.2.JPG













懇親会がはじまってすぐに
「講演会のほうでバックを忘れた方いませんか?」
と壇上でお話がありました。バックは自分のでした。
いきなり目立ってしまって恥ずかしい思いをしました。
懇親会のほうでは政治家の先生の名刺をもらったり
こちらの会の名刺も配りました。
保守的な思想を持つ方が多いので心配しましたが
「その通りだね!」という感じでした。




その後同盟の方3人である先生が立ち上げた事務所に言ってきました。
帰りに先生と我々3人で中華料理屋に行きました。
先生のお話は面白いのですが過激なお話が多いのでここでは割愛しときますw
なかなかおいしい中華でした。




こう考えるとやはり保守派のほうが働くお父さんの代弁者だなぁと思います。
ただし残念ながら若者の男性の代弁者ではないところもあるのでそれは
やはり私や当会の仕事なんだと思います。

それでもボクはやってない

個人評価95
一般評価80

ほとんどの映画評はレンタルで見たものだが、
これは映画館でみた。書評当時公開中である。
内容は日本の司法の問題点にスポットを当てた痴漢冤罪モノ。
犯罪の疑いをかけられるということが日本ではどれだけ
不条理なことに繋がるかということがドラマチックなことも
起こらずに淡々と約2時間30分。しかし事実は小説より奇なのか。
日本の司法現場で本当に起きていることは
フィクションの斜め上をいく展開らしい。
素直に面白い。映画的な演出などはされていないが
それがまた新鮮である。洋画に代表される法廷モノは
法廷に憧れている(からこその)人間が当然それを作るわけだが、
この映画は法廷や司法に憤りを持った人間が作っているところが
成功の要になったのだろう。


この映画の最後主人公の独白は考えさせられる。
内容は

ボクは知った裁判は真実を明らかにする場所ではなく
とりあえずの白黒を判定する場でしかないのだということを。
真実は誰にもわからないというがそれは嘘だ。
少なくともボク自身はそれを知っている。
裁判官は間違いを犯した。ならばそれを裁けるのは
ボクしかいない。控訴します。

といった内容である。これは素直に読めば
一審裁判官の間違って罰した罪を二審でボクが裁くということだ。
一審で真実を知らないで間違った判決を出した人間を
二審で真実を知る僕が裁くという意味である。
これは凄い視点だ。自らの潔白の証明ではなく、
司法(裁判)を持って、司法(裁判)を裁くという
言わばやられっぱなしの主人公が復讐を決意した
瞬間が最後の「控訴します!」である。
最悪の結末でありながら絶望のなかから強い意志を
感じ取ることが出来るラストである。
受動的な素人が能動的に戦う精神状態になったところで
この映画は終わるのである。言わばここだけが
この映画における監督の映画的(創作物的な)演出であるが
それが実に秀逸であった。

※ちなみに男女問題を追及するブログとして
二つの蛇足的なことを述べておこう。
 女性優遇や男性が性犯罪だと不利になるという点は
あまり詳しく描かれていないという評があるが
個人的にはそうは思わなかった。
司法現場は風潮に左右されやすく、女性保護目的に
男性が軽んじられるということも十分表現されていると思った。
 二つ目は客の入りだが自分の行った館にしては普通といった
感じだった。男女比は半々ぐらいだったと思う。
若い女性グループもいたし、泣いている女性もいたことが
印象に残った。

1月19日にメトロ本社に女性専用車両に反対する会で集めた署名を提出してきました。
女性専用車に反対する会http://www.eonet.ne.jp/~senyou-mondai/index.html
女性専用車に反対するオンライン署名http://www.ne.jp/asahi/aqua/swimming/senyou/online-signeture.html

←はメトロ本社 上の駅すぐ

私が事前にアポイントメントを取ったところ親切な受け答えで
17時に受付に来てくださいとのことでした。メトロは親切です。
署名提出にあたり非常に扱いが悪いところもあったようです。

DSCF0414.JPG

 

 

 

←は受付。黒塗りにしたところは落武者さんが写ってしまったので^^;

落武者さんは方向オンチッチという別名をもち落ち武者という男性の人権を守るHPの管理をされています。
落武者のHPhttp://www.geocities.jp/otimusya5799/index.html

DSCF0415.JPG

 

 

 

←専用車で貪った利益がこんなところに!(嘘w)

少し待っていると三人の男性の方が来て署名を受け取ってくれました。
渡すときに国交省や特定政党の言いなりになるようなことは
やめてくださいといいました。帰るときは玄関の自動ドアまで送ってくれました。
メトロでは親切な対応で署名を受け取ってくれました。
なかなか難しいとは思いますが廃止も考慮してくれるといいんですけどね。

PREV       NEXT
1 2 3 4 5 6 7
プロフィール
HN:
mendoumei
HP:
性別:
男性
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[09/25 野口賢治]
[09/18 えもんかけ]
[05/12 NONAME]
[04/14 ソフィア]
[11/04 ozawa]
[05/03 NONAME]
[05/03 mendoumei]
[05/02 NONAME]
[12/18 Janelle Nelson]
[12/16 Althea Lee]
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
"mendoumei" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP
SAMURAI FACTORY INC.