忍者ブログ
男女問題を解決するために活動している管理人のブログです。 映画も大好きなんで映画コラムも書き込んで行こうかと思います。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

次回!専車の拳!最終電車・完!

今語ろう!専用車10年の歴史!ホゥ~ッワタァッッ!!!

専用車両は俺が守る!>by国土交通省

こちらもご一緒に拝見ください。

http://www.youtube.com/watch?v=2oKSLhEWyXw&eurl=

PR

最近忙しいのについつい2chで時間を潰したりしてしまいますね。
活動も滞ってます。とりあえず会の口座作るところから始めたいと思ってます。
そうするとヤフーボランティアというところに登録できるからです。

と、思ってヤフーボランティアみてきたら登録までは結構ハードル高そうですね。
口座作っても無理かもしれないですね。
ちなみに口座といっても会費を取ったりするつもりは一切ありません。
いつかはあくまでも任意の寄付をお願いしたいと思いますが、通帳をうpしたり
完全な形でのディスクロージャーができるまでは私が個人的に
積み立てておくものとするつもりです。

最近知ったプロミス・キーパーズという組織が気になっています。

全米に幅広い支持層を持っているプロミスキーパーズは先ほどのフェミニズム思想とはかなり対照的な要素を持っています。家庭を大切にしよう、そして家庭を大切にするためには父親がしっかりしなければならないという主張をしています。

個人評価82
一般評価75

世界史上初の皇帝、秦の始皇帝。その暗殺秘話をモチーフとした映画作品。始皇帝がまだ統一を果たしていない頃、燕国を侵略する理由を作るために、燕から自分に対して刺客を送らせようとしたところからこの話は始まる。

男のバイブル太史公書、通称史記の刺客列伝に出てくる荊軻(けいか)の話を元に作られた映画だが、元々の史記のほうが娯楽作品である映画より、ドラマ性に富んでることが残念。始皇帝にまつわる出生の謎、幼き日の人質時代の燕公子との確執、李斯と韓非の臣下争い・・・etc。この映画は、事実は小説より奇なりという言葉通り、事実に負けていると感じる。しかしながらそれでも面白いのがチェンカイコーと始皇帝という素材だろう。

史上もっとも数奇な運命を背負った男、始皇帝のドラマを見よ!当作品はその入門編である!

フェミニズム・ジェンダーフリーの功罪がわかる本。

オムニバス形式になっているので怪しい記事も多いが、

フェミやジェンフリの危険性が非常にわかりやすい。

反フェミ本として基本的な一冊だろう。

PREV       NEXT
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
プロフィール
HN:
mendoumei
HP:
性別:
男性
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[09/25 野口賢治]
[09/18 えもんかけ]
[05/12 NONAME]
[04/14 ソフィア]
[11/04 ozawa]
[05/03 NONAME]
[05/03 mendoumei]
[05/02 NONAME]
[12/18 Janelle Nelson]
[12/16 Althea Lee]
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
"mendoumei" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP
SAMURAI FACTORY INC.